手と足裏の汗をかかないようにするためにストレスを心身に貯めない

手と足裏の汗をかかないようにするためにストレスを心身に貯めない

手と足裏の汗をかかないようにするためには、気にしないことが一番です。

 

 

汗を気にしすぎると、精神的発汗により汗の量が増えるだけなので、同じ汗をかくにしても気にしないことが賢明です。また、靴下やストッキングを履いている時と素足でいる時を比較すると、足首が圧迫されるせいか、履いている時のほうが足裏に汗をかきにくくなるので、夏場でも素足で過ごすよりは汗をかきにくくなります。手汗はトイレ後など、一度でも水に触れると汗スイッチが入ってかいてしまうことがあるので、濡れたらすぐに乾かすことも大切です。手汗にしても足裏の汗にしても、入浴前はかいていたのにお風呂上りはサラサラの状態でいられることが多いように、入浴剤を入れたお湯で手足を洗えば、汗がスッとひくのでお勧めです。風呂場で手足の指の間も綺麗に洗うことも対策の一つです。

 

 

多汗症レベルの汗をかく人にお勧めなのは、手作りの焼きミョウバン水を作ってつけるか、塩化アルミニウム水溶液を使うか、ネット通販でパースピレックスローションを購入して使う方法がお勧めです。レベル1程度の多汗症の人はミョウバン水、それ以上の人は後者の2つが効果的です。焼きミョウバンはスーパーでも容易に安く入手できるし、ネットにも作り方が載っているので、コスパ的には最も良いです。塩化アルミニウム水溶液は効果に個人差があり、皮膚科でなければ入手困難なところがマイナスですが、皮膚科で診察を受けたうえで保険適用内で安く購入できるところが良いです。

 

 

パースピレックスローションはネットでも購入可能で、毎日使用しなくても長期間の効果を期待でき、レベル1の人は普通の人と同じレベルの汗に軽減し、レベル3の人はレベル1程度に軽減したという声も多く、私自身も使用において人生が変わったと言える商品なのでお勧めです。汗は体質はあれど、精神的なものが悪化させる原因になるため、ストレスを心身に貯めないで適度に開放することも大事です。