デリケートゾーンの気になる臭いを解決するために

デリケートゾーンの臭いを解消することができない理由

デリケートゾーンの臭いは、女性なら誰もが気にしていることだと思います。

 

実際に私も、生理の時や体調の悪いとき、そしておりものが多い時などは、とても臭いが気になります。そのため、清潔さを保つためにおりものシートなどを利用していますが、臭いに関しては思ったよりも効果を発揮させることができませんでした。

 

 

一般に女性のデリケートゾーンの臭いは、生理ナプキンの利用により通気性が悪くなり、高温多湿の状態になるため、雑菌が繁殖しやすくなることによって起こる要因と膣内の環境悪化にともなう雑菌の増殖が原因であると言われています。この雑菌を抑えるためには、デリケートゾーンを正しく洗うことが必要なのですが、多くの人々はそのことを知らずに間違った洗い方をしています。これは、石鹸やボディーソープでゴシゴシと洗うことでも、お湯だけで簡単に洗うということでもありません。石鹸やボディーソープは体を洗うためのものなので、デリケートゾーンには合わない洗浄成分が入っていることもあります。そのため、返って臭いを悪化させる可能性があります。逆にお湯だけで簡単に済ませてしまうと、洗浄力が弱すぎるため気になる臭いの悩みを解決することはできません。

 

 

一番効果的なのは、デリケートゾーン専用の石鹸を毎日利用して、正しい方法で洗うことです。実際に私も、毎日お風呂でデリケートゾーン専用の石鹸を利用して、しっかりとケアをしています。そしてデリケートゾーン専用の石鹸も、何でもいいというわけではなく、低刺激で自分の肌に合ったものを使用してください。デリケートゾーンは皮膚が薄く繊細な部分であるので、やたらむやみにゴシゴシと洗うと肌を痛めてしまうため、返って臭いの原因となることもあります。そのため、石鹸を利用する際は、丁寧にきめの細かい泡を作って、陰部を優しく洗うようにしてください。これを毎日習慣化させることが大切です。

 

 

そして、せっかく洗浄ケアをしても、デリケートゾーンを通気性の悪い状態にしていてはちゃんと臭いを解消することはできないので、通気性のショーツを利用したり、生理の時は、頻繁にナプキンを替えるなど陰部を清潔に保つように心がけること大切です。