自分がわきがかどうか調べるのに最も簡単な方法

自分がわきがかどうか調べるのに最も簡単な方法

わきがは遺伝するので、親や家族に体臭が強い人がいる場合には自分もわきが体質である可能性が高くなります。

 

ニンニクなど臭いの強い食材を好んで食べるので体臭が強くなっている場合や、年をとって加齢臭が出てきている場合もありますが、鉛筆の芯のような独特の臭いがするようであれば注意が必要です。

 

自分がわきがかどうか調べるのに最も簡単な方法が、耳垢の状態を調べることです。耳垢が乾いていればわきがではありませんが、湿って固まっている場合にはわきがです。湿り気が強ければ強いほど臭いも強くなると言われています。

 

どうして耳垢をみればわきがかどうかわかるのかというと、耳垢が湿るのは耳の穴の中に汗腺があって汗を分泌しているからです。アポクリン汗腺という汗腺で、耳の穴や脇の下、乳輪の周りやデリケートゾーンに存在します。わきが体質でない人にはアポクリン汗腺はありません。

 

通常汗は99%以上が水分なので、汗をかいてもさほど臭うことはありません。しかしアポクリン汗腺から出る汗にはアンモニアや鉄分など色々な成分が含まれています。栄養がたっぷりあるので汗をかくと雑菌が沢山繁殖してしまい、臭うようになります。つまりわきがの独特の臭いは汗に雑菌が繁殖した臭いなのです。

 

わきがの臭いを防ぐには汗をかかないことと、汗をかいた後に雑菌が繁殖するのを防ぐことが大切です。汗をかかないためには制汗剤の利用が有効です。殺菌成分が含まれている制汗剤だと、雑菌の繁殖も防ぐことができるので一層効果があります。

 

わきがの原因であるアポクリン汗腺は暑い時に汗を分泌するのではなく、緊張した時や興奮した時に汗を分泌します。

 

その為臭いを防ぐためには年間を通して制汗剤を使用した方が良いでしょう。暑い時期になると臭いが強くなるように感じるのは薄着になってより臭いを感じやすくなるためや、気温が高いため雑菌が繁殖しやすくなるためです。特に春先は冬の間余り使われなかった汗腺から様々な成分が分泌されるため、汗の臭いが強くなる傾向があるので注意が必要です。

 

クリアネオの効果